Beauty Column

3Dアートメイクとは?2D・4Dアートメイクとの違いやメリット・デメリットなどをご紹介します

通常のメイクとは異なり、持ちが良くナチュラルな眉毛やリップなどを手に入れられるアートメイク。

特に眉毛のアートメイクは2Dや3Dなど施術方法によって区分されています。

今回は3Dアートメイクについて様々な情報をまとめていきます。

3Dアートメイクの特徴や他のアートメイクとの違い、メリット・デメリット、3Dアートメイクで行う眉の持ちに関してご紹介していきますので参考にしてみてください。

3Dアートメイクとは?

mayuge101

筆のように細い針が並んだブレードを使用し、皮膚の浅い部分にアートメイク専用の色素を入れることで毛のように見せる技法が3Dアートメイクです。

3Dアートメイクはマイクロブレーディングという技術で眉の毛並みを1本1本手彫りで再現しています。

また、毛並みを1本1本再現しているため、素顔でもナチュラルに見えるのが特徴です。

3Dアートメイク眉毛の値段は12万円前後であることが多いようです。

アートメイク全般に言えることですが、医療行為であるため施術は医師または医師の指示のもとで看護師が行います。

他のアートメイクとの違い

eyebrows2

眉毛のアートメイクは技法や見え方などの違いから2D・3D・4Dの主に3つに分類されます。

3Dアートメイクとその他のアートメイクの違いをご説明していきます。

2Dアートメイクとの違い

点状に色素を入れる技法が2Dアートメイクであり、マシンを用いて施術を行います。

2Dアートメイクは従来の技法であり、ペンで塗りつぶした後のような眉毛になりやすく不自然な仕上がりになってしまうことが多いようです。

4Dアートメイクとの違い

4Dアートメイクは、マイクロブレーディングとシェーディングを用いた最新の技法です。

コンビネーション眉などとも呼ばれ、毛並みのあるナチュラルな眉毛とメイクした後のような感じのどちらも欲しい方におすすめです。

仕上がりがとても自然であることから、当院でも4Dアートメイクは1番人気の施術となっています。

アートメイクをする際には、好みや値段などの条件に合わせて施術する方に事前によく相談しておくことが大切になります。

※クリニックによっては定義が異なることもありますので、施術の際にはあらかじめご確認いただくことをオススメします。

3Dアートメイクの持ちはどれくらい?

datsumou106

せっかく3Dアートメイクをするのであれば、理想の眉毛を長く保ちたいのではないでしょうか。

3Dアートメイクの持続期間と長持ちさせる方法をご紹介しますので参考にしてみてください。

持続期間

個人差はありますが、基本的に3Dアートメイクは約1~3年でほぼ消えると言われています。

これは皮膚の浅い部分に色素が入っているために、肌のターンオーバーによって色素が徐々に薄くなっていくことが理由です。

色素を入れるという点ではタトゥーと似ていますが、タトゥーは肌の奥深い部分に色素を入れ半永久的であるため色素を入れる位置と持続期間という点で異なっています。

また、アートメイクはタトゥーとは異なり流行や好み、によってデザインを変更することが可能です。

アートメイクをきれいに保つ方法

アートメイクは、2~3回以上施術を重ねることできれいに定着していきます。

施術直後は多少赤みが出るなど、ダウンタイムの症状が見られますがアフターケアについてはしっかりと説明がありますので、心配しすぎる必要はありません。

アフターケアはダウンタイムへの対処だけでなく、アートメイクを美しく保つためにも必要なものになりますので必ず行うようにしましょう。

3Dアートメイクのメリット・デメリット

mayuge102

もし3Dアートメイクをするのであれば、メリット・デメリットを良く理解して自分に合うか判断しましょう。

それでは、3Dアートメイクのメリット・デメリットをご説明していきます。

3Dアートメイクのメリット

主な3Dアートメイクのメリットは以下のようになります。

ナチュラルな眉毛になる

1本1本毛を書く3Dアートメイクは、眉毛が薄かったり部分的に毛がない方でもナチュラルな眉毛に近づくことができます。

また、すっぴんの状態でもナチュラルできれいな眉毛を保つことができるので、すっぴんに自信を持つことにも繋がるでしょう。

メイク時間を短縮できる

眉毛メイクでは左右のバランスを自分で取ることに苦労する方も多いのではないでしょうか。

3Dアートメイクであれば施術時に形の整った自然な眉毛を作ってくれるため、自分で1からメイクする必要がありません。

朝の忙しい時間帯にメイク時間を短縮できるのは嬉しいポイントの1つです。

眉毛のメイク直しがあまり必要なくなる

3Dアートメイクでは皮膚の浅い部分に色素を入れるため、スポーツや海水浴などメイクが落ちやすい状況でもきれいな眉毛を保つことができます。

顔の印象を決める眉毛のメイク直しを気にする必要がなくなれば、心置きなく仕事や遊びに取り組めるのではないでしょうか。

3Dアートメイクのデメリット

3Dアートメイクをするのであれば、デメリットについても抑えておきましょう。

主な3Dアートメイクのデメリットは以下のようになります。

ダウンタイムがある

3Dアートメイクはどうしても肌に負担がかかるものであり、個人差はありますが1週間程度のダウンタイムがあります。

そのため、しっかりした正しいアフターケアが必要となります。

施術後のアフターケアについてはクリニックで詳しく説明してもらえますので、その説明に従って過ごすようにしましょう。

アレルギーなどの可能性

3Dアートメイクでは色素や施術で使う道具などにより、アレルギーなどの副作用が生じる可能性があります。

担当者に相談するなどして万全の対策を行ってから施術に挑むようにしましょう。

3Dアートメイクがオススメの方と注意した方が良い方

woman201

アートメイクは便利なものである一方で、注意点もあります。

3Dアートメイクがオススメの方と注意した方が良い方をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

3Dアートメイクがオススメの方

アートメイクは10代の若い世代から70代以上の世代まで、様々な方に行っていただけます。

その中でも、3Dアートメイクが特にオススメなのが以下の方々です。

  • ・ナチュラルな眉毛ですっぴんに自信を持ちたい方
  • ・眉毛メイクが苦手な方
  • ・整った眉毛を長期間維持したい方
  • ・メイクの時間を他のことに使いたい方
  • ・眉毛に悩みを抱えている方
  • ・アートメイクに興味がある方
  • ・メイクできない環境やメイク落ちしやすい環境でも眉毛を保ちたい方

 

3Dアートメイクを注意した方が良い方

一例ではありますが以下の事情をお持ちの方々は、3Dアートメイクを行う前に相談しておいた方が良いでしょう。

様々なトラブルを避けるためにも、クリニック側からの注意事項をよく理解して施術が行えるかを担当者と一緒に判断するようにしてください。

  • ・目元の手術をしたことがある方
  • ・整形する予定がある方
  • ・施術で利用するものにアレルギーがある方
  • ・花粉症などの症状が出ている方
  • ・妊娠中・授乳中の方
  • ・通院中の方

まとめ

今回は3Dアートメイクについて様々な情報をお伝えしてきました。

3Dアートメイクは本物の眉毛のような毛並みを表現することができ、すっぴんにも馴染むナチュラルさが特徴です。

約1~3年は持続しますので、整った眉毛のおかげでメイク時間を他のことに使えたりメイク直しがほぼ必要なかったりというメリットがあります。

ただし、ダウンタイムやアレルギーの可能性、デザインの修正や変更が困難であるというデメリットがあることも忘れないようにしておきましょう。

現在は3Dアートメイクよりも新しい4Dアートメイクが誕生しています。

4Dアートメイクは毛並みを表現する技法とパウダー状に色素を入れる技法が使われており、より自然な眉毛を再現することが可能です。

当院では最新である4Dの技法を用いており、3Dよりもナチュラルな仕上がりの眉毛にすることができます。

ランクによって分かれた技術あるスタッフが、痛みを抑えて施術してくれるため安心です。

また、通常のプランに加えてサブスクリプションプランもあるため、1年間をかけて理想の眉毛を手に入れることもできます。

カウンセリングは無料で行っていますので、眉毛アートメイクに興味のある方はぜひ一度エムビューティクリニックにご相談ください。

 

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日無し
Page TOP