Beauty Column

顔脱毛をセルフでやるのは効果がない?セルフでやるデメリットややり方を紹介

すぐに生えてくる顔の産毛を毎回処理するのが大変だと感じたことはありませんか。

クリニックや脱毛サロンに行くハードルは高いけど自己処理の負担は減らしたいという理由で、まずはセルフ顔脱毛をお考えの方もいるかもしれません。

今回は顔の産毛が気になる方へセルフで顔脱毛するメリットやデメリットセルフ顔脱毛方法などをご紹介していきます。

この記事を通してセルフ顔脱毛に関して詳しくなり、ご自身のお悩み解決に繋げてくださいね。

顔脱毛するメリット

顔脱毛するメリット

そもそも顔脱毛をするメリットはどのような部分にあるのでしょうか。

ここでは、顔脱毛するメリットについて解説していきます。

肌がワントーン明るく見える

顔に生える毛は色素が薄く細い産毛が多いですが、それでも黒い色素が含まれているため毛が生えていることによって顔の印象が暗くなります

顔脱毛はこれらのムダ毛を取り除くことができるため、肌がワントーン明るく見えるようです。

密着度が高まって化粧ノリが良くなる

本来、肌に密着するように作られている化粧品が産毛が生えていることによって、肌ではなく毛の方に付着してしまいメイク落ちなどの原因になります。

ムダ毛がない状態を顔脱毛で作ることができれば、肌にしっかりとメイクが密着するようになりメイク落ちしにくい状態を作ることが可能です。

自己処理の負担が減る

頻繁に生えてくる産毛を処理するのは手間がかかり、カミソリで肌を傷つけるなど肌トラブルが起きるリスクもあります。

顔脱毛を行えばムダ毛をなくすことができるため自己処理が不必要になり、その分の手間や時間を減らすことができます。

毛穴が目立ちにくくなって肌のキメが整う

脱毛で根元から毛を取り除くとその部分の毛穴が塞がるようになったり、皮脂などが詰まりにくくなったりして毛穴が目立ちにくくなります。

全体的に毛穴が引き締まった状態になることで、きめ細かい美しい肌に近づけるようです。

ニキビや吹き出物ができにくくなる

顔にムダ毛があると、そこに汚れや皮脂などが絡まりやすくなってしまいニキビや吹き出物ができる原因になってしまいます。

脱毛で毛を取り除いてしまえば衛生的な状態を保てるようになり、結果的にニキビや吹き出物ができるのを防いでくれるようです。

顔脱毛するデメリット

顔脱毛するデメリット

顔脱毛をする際にも場合によってはデメリットになる部分があります。

デメリットについてもしっかりと把握し後悔のない脱毛を行いましょう。

脱毛した毛を元に戻すことはできない

脱毛が完了した後はムダ毛が元に戻ることはほとんどありません。

脱毛する範囲で完全に毛をなくしたくはない部分があれば、脱毛範囲を見直したり脱毛をしないという選択をしたりする必要があります。

顔脱毛はムダ毛をほぼ全て取り除く行為であることをしっかりと把握し、後悔がないように行いましょう。

日焼けした肌は脱毛できないことが多い

脱毛器の中で主流なものは黒いメラニン色素に反応するタイプのものです。

日焼けした肌にもこのメラニン色素が含まれているため、脱毛器を照射した際にその部分にダメージを与えてしまうことがあります。

この肌ダメージは脱毛時の痛みや肌トラブルにつながる繋がる可能性があり、クリニックや脱毛サロンで脱毛を行えない場合もあるようです。

脱毛を考えているのであれば、日焼け対策は怠らないようにしましょう。

顔脱毛をセルフでするメリット

顔脱毛をセルフでするメリット

家庭用脱毛器が普及しセルフで顔脱毛を行うことができるようになりましたが、クリニックや脱毛サロンと比べた際のメリットはあるのでしょうか。

ここでは、顔脱毛をセルフでするメリットについてお伝えしていきます。

費用が安い

家庭用脱毛器の本体価格は5万円~10万円程度です。

一方で医療脱毛やサロン脱毛で顔脱毛した場合は、10万円前後からの値段であることが多くなっています。

機器によってはカートリッジや付属品などが必要なことがありますが、それでも外部で脱毛を行うよりも費用は抑えることができるでしょう。

自分の好きなタイミングですぐ処理できる

クリニックや脱毛サロンでの顔脱毛は予約が必要であり、決められた時間にしか行うことができません。

しかし、家庭用脱毛器を用いて脱毛をすれば、自分の都合が良い時間に自宅で手軽に扱うことができます

また、他の人に見られる心配がないためリラックスして行えるのもセルフ脱毛のメリットだと言えるでしょう。

顔脱毛をセルフでするデメリット

顔脱毛をセルフでするデメリット

手軽に行えて費用もあまりかからないセルフ顔脱毛ですが、メリットだけではありません。

セルフ顔脱毛を行うかどうかはデメリットも押さえた上で決めるようにしましょう。

ほとんど抑毛効果しかない

家庭用脱毛器は「脱毛」と名付けられていますが、実際には脱毛効果はほとんどなく抑毛効果に留まります

もし脱毛効果を得るのであれば、10~30万回以上の照射が必要であると言われており、脱毛完了までの期間も相応に長くなるようです。

また、家庭用脱毛器の中にはムダ毛の自己処理しか行えないものもありますので、吟味して選ぶ必要があります。

照射ムラが起こりやすい

家庭用脱毛器は1回で照射できる範囲が狭く、プロが行う医療脱毛やサロン脱毛と比べると照射ムラが起こりやすいです。

また、手が届かない部分への照射はできず、仕上がりが偏りやすくなってしまいます

顔脱毛をセルフでするやり方と自己処理方法

顔脱毛をセルフでするやり方と自己処理方法

顔脱毛をセルフで行う方法について気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、セルフ顔脱毛と合わせて自己処理方法もまとめていますので、毎日のお手入れの参考にしてみてください。

セルフ顔脱毛:家庭用脱毛器を照射する

家庭用脱毛器で脱毛効果に近い効果を得られるのはフラッシュ式レーザー式の2つです。

これらは脱毛サロンやクリニックで使われている仕組みを、自宅でできるレベルに出力などを落としています。

それでは、セルフ顔脱毛の方法についてお伝えしていきます。

脱毛器を使う前にムダ毛を処理する

ムダ毛がある状態では家庭用脱毛器の効果が十分に発揮されないことが多く、カミソリや電気シェーバーなどで自己処理をしておく必要があります。

ただし、毛抜きでの自己処理は根元から毛を抜きすぎてしまい、肌ダメージも大きいですので脱毛前の自己処理としてはあまり適していません。

脱毛したい部分に脱毛器を当て照射する

説明書を良く読みそれに従いながら、脱毛したい部分に家庭用脱毛器を当てて光を照射します。

最初は低い照射レベルから初めて段階的に上げるようにしましょう

また、家庭用脱毛器の中には顔に対応していない物もありますので、注意して選ぶようにしましょう。

1〜2週間おきに処理する

家庭用脱毛器は少なからず肌に負担をかけるため、高頻度での利用はあまりオススメできません

適切な間隔としては1~2週間だと言われており、これくらいの頻度であれば肌トラブルの心配が少なく処理することができます。

また、より肌の負担を抑えるためにも使用後は化粧品や美容液などでしっかりと保湿するようにしましょう。

自己処理:カミソリ・電気シェーバーで剃る

ムダ毛の自己処理方法としてはカミソリや電気シェーバーで剃るのが代表的です。

簡単にお手入れできる上に比較的見た目がきれいに仕上がりますが、肌トラブルのリスクもありますので正しい方法で剃るようにしましょう

それでは、カミソリ・電気シェーバーでの自己処理方法をご説明していきます。

ぬるま湯で洗顔をしシェービングクリームを使う

顔にメイクや汚れが付いている状態は不衛生であり、後々の肌トラブルの原因になることがあります。

自己処理を行う前はクレンジングと洗顔を行い、メイクや顔の汚れをしっかりと落とすようにしましょう。

その後、シェービングクリームを塗ることで肌ダメージを抑えて処理することができます。

産毛の向きに逆らって剃っていく

シェービングクリームなどを塗ったらカミソリや電気シェーバーで剃っていきます。

この時、産毛の向きに逆らって剃ることで効果的に剃ることが可能です。

また、肌を傷つけないためにも自己処理道具は肌に強く当てず、何度も同じ箇所を剃らないように気をつけてください。

週に1回、夜に処理する

ムダ毛の生え方には個人差があるため自分に合う頻度を見つけた方が良いですが、肌への過度な負担を避けるためにも目安として週に1回程度の処理を推奨しています。

また、メイク前に自己処理を行うと自己処理で肌が傷ついた際に、その部分から雑菌が入り肌トラブルを引き起こす可能性があります。

そのため、自己処理のタイミングとしてはメイクを落とし洗顔した後の夜の処理が特にオススメです。

自己処理:脱毛器でムダ毛処理する

サーミコン式やローラー式、高周波式は家庭用脱毛器に分類されていますが、実際のところは除毛効果しかありません

それぞれ熱・ローラー・高周波を利用することでカミソリなどよりも効率的に自己処理を行うことができます。

使い方に関してはそれぞれで異なりますので、説明書をよく読んで適切な使い方を心がけましょう。

自己処理:脱毛/除毛クリームでムダ毛処理する

セルフ顔脱毛をするためにタンパク質を溶かす成分を配合している脱毛クリームに惹かれた方もいるかもしれません。

しかし、脱毛クリームは基本的には除毛もしくは抑毛効果に留まります。

脱毛/除毛クリームは塗るだけでムダ毛処理ができるアイテムですが、肌への刺激が強いため事前のパッチテストが必須です。

まとめ

今回はセルフ顔脱毛に関して様々な情報をまとめてきました。

セルフ顔脱毛で使う家庭用脱毛器はフラッシュ式レーザー式のみ脱毛に近い抑毛効果を得ることができます。

また、セルフ顔脱毛にはメリットもデメリットもあるため、予算や期間(今すぐ解決したいのかなど)など自分のあった処理方法を選ぶようにしましょう。

セルフ脱毛よりも効果の高い脱毛を短期間で行うのであれば、医療脱毛がオススメです。

エムビューティクリニックでは、都内最安級の価格で効果の高い医療脱毛を行っていただけます。

医師が常駐しているクリニックの脱毛は万が一の肌トラブルにも迅速に対応しますので安心です。

また、当院では最新の蓄熱式脱毛器を導入しており、日焼けした肌や産毛にも効果的な脱毛を痛みを抑えて行うことができます。

無料カウンセリングを実施しておりますので、医療脱毛に興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日無し
Page TOP